多趣味ブログ

いろいろな事を広く浅く楽しむブログ

[Elite Dangerous]内部装備の買い方

   

イメージ1621

Hello CMDR.

今回は内部装備(内装)の選び方と買い方について解説します。

内装って?

Elite Dangerousの世界では、船の装備は外部装備(外装)と内部装備(内装)に分かれています。

外装は武装(銃火器)やそれに類するもの、内装は船の内部・・・エンジンや配電盤、カーゴやFSD装置などのパーツになりますね。

今回は内装パーツを見ていきます。

どこで買うの?

OUTFITTING機能のあるステーションで購入することができます。

ステーションの情報は星系(システム)マップから確認することができます。

イメージ1628

INFOタブのFACILITIESの中にOUTFITTINGがあればOK

また、ステーションによっても品ぞろえが変わってきます。一般にHIGH TECHの星系だと販売されているパーツの種類が多い様ですね。

ステーションに入ったらスターポートメニューからアウトフィッティングの項目を選びましょう。

項目の見方

イメージ1629

左側のメニューが装備欄、右下のメニューが機体の性能の数値となります。

内装を変えるには左のメニュのINTERNALタブを選択します。

イメージ1631

INTERNALメニューにはこういった装備欄がいくつもならんでいることが分かります。これらの意味は・・・

イメージ1631-2

となっています。右上の+マークは現在のステーションに乗せ換えられるパーツがあるかどうかを表しています。

この画像の例だと、内装のリアクターベイ(動力スロット)にレートA、クラス3のパワープラントが装備されている、ということですね。

装備のスロットの種類はいくつかあり、大まかに分けて

  • あらかじめ載せる物が決まっているスロット(リアクター、スラスタ、FSD装置スロット等)
  • 載せる物をある程度自由に決められるスロット(INTERNAL COMPARTMENTスロット)

に分かれています。

イメージ1632

スロット欄をクリックしてBUY AND EQUIPを選択し、カタログから欲しい物を購入する流れになります。

装備の種類は多岐に渡るため、ここでは簡単に重要な物を解説します。

パワープラント

真っ先に乗せ換えることになるであろう内装です。発電機として船の動力をまかなっています。

このパーツが良くなると、より電力を消費する載せられたり、発電効率がよくなり機体の熱ダメージが少なくなったりします。

リアクターベイスロットに挿して使います。

イメージ1633

赤くなっているものが性能が落ちるもの、青が上がるものですね。

上から順に

  • CLASS – サイズ 大きいほど(大体)性能がよい
  • RATING – レート、グレード。良い物は価格が跳ね上がる
  • MASS – 重量
  • INTEGRITY – 整合性(?) ダメージを受けても動作するかどうか
  • HEALTH – 現在のダメージ 普通減ってないかと
  • PAWER CAPACITY – 最大発電量
  • HEAT EFFICIENCY – 変換効率。悪いと多くの熱が発生する。

PAWER CAPACITYとHEAT EFFICIENCYが良い物、おまけでMASSが軽い物がいいパワープラントです。

基本載せられるサイズで一番大きい物で、レートができるだけ高い物を買うとよいかと思います。

ただ、レートの高い物は価格が急に跳ね上がるので財布と相談で。

スラスタ

これもすぐ乗せ換えることになるであろうパーツです。

機体の最大重量や操作性を上げるパーツです。

イメージ1634

  • POWER DRAW – 消費電力
  • ENGINE OPTIMAL MASS – 最適重量 機動性が良好な機体重量ライン
  • MAXIMUM MASS – 最大重量

輸送、戦闘ともに重要。

FSD装置

フレームシフトドライブのハイパージャンプ距離を伸ばします。

 

イメージ1635

  • FSD OPTIMAL MASS – FSD最適重量 超えるとジャンプ距離が落ちます
  • MAX FUEL PER JUMP – 一回のハイパージャンプで使える燃料の最大量

ハイパージャンプでの燃料効率、というものは無い様なので、基本この二つの値がFSD装置の性能ということになります。

パワーディストリビューター

配電装置です。

各装置への電力のチャージや、ストックを行っています。

この装置の性能が悪いと、シールドがなかなか回復しなかったりブーストが焚けなかったりしますね。

イメージ1637

  • WEAPONS CAPACITY – 武装の電力貯蓄量
  • WEAPONS CAPACITY – 武装への電力供給速度
  • ENGINES CAPACITY – ブースターの電力貯蓄量
  • ENGINES CAPACITY – ブースターへの電力供給速度
  • SYSTEMS CAPACITY – システム(主にシールド)の電力貯蓄量
  • SYSTEMS CAPACITY – システムへの電力供給速度

数値が高いほど良い物です。

汎用スロット

スロットがINTERNAL COMPARTMENTとなっている所には、いろいろ好きなものを装備することができます。

その中でも重要なものは

  • SHIELD GENERATOR – シールド発生装置。これが無いとシールドが張れないので特に理由が無い限り付けておこう
  • CARGO RACK – カーゴ。輸送を行う場合は必須

その他便利なものは

  • FUEL TANK – 燃料タンク。メインの燃料タンクだけでは足りない時に
  • FUEL SCOOP – 燃料採取装置。恒星から水素を燃料として採取できる。燃料切れの保険に

あたりでしょうか。

装備の種類や詳細はElite:Dangerous Japan Wiki様が詳しいのでそちらもご参考をば。

ミッション別に必要なものもありますが、それは別の記事でまとめたいと思います。

最終調整

イメージ1638

パーツを換装してもすぐには離艦しないでください、CMDR.

右下には現在の機体データが簡単にまとめられています。最終的な確認を行いましょう。

重要なのがPOWER USEの欄で、DEPLOYED(装備展開時の消費電力)がAVAILABLE(電力供給量)の値を超えていると機体がパワーダウンしてしまう可能性があります。

お疲れさまでした

次回は外装を解説する予定です。

 - Elite Dangerous